FC2ブログ

Entries

クリムト展@豊田市美術館





大好きな画家クリムト。
去年から今年にかけてはなんだか
日本では魅力的な美術展が多いのだけれども
その中でもクリムトだけはなんとか
行けないものか…と悩んでいた。





クリムトを知ったきっかけは
大学のとき下宿していた叔母宅で見た
作品だったんだけれども、その印象があまりに
強くてずっと気になっていたわけで・・・。





5月の上野での開催時はとんでもない
勘違いにより六本木の美術展に行ってしまい
クリムト展ではなくウィーン展を見てしまうという
ミスをおかしたわけで・・。





上野のつぎは豊田市で開催ということで
普通ならあきらめるところなんだけど
ラッキーなことに現在そこは旦那の単身赴任地。
今回、旦那が自分の休みのタイミングが
私の美術展への最後のチャンスではないか?と
調整してくれて、結果、旦那が熊本で子供の面倒をみて
私が豊田市のクリムト展へ行き、宿は旦那の家を
使うといういつもの逆滞在状態になった。





2019109031.jpg






初めての豊田市・・・。
まぁ不便。
美術館までも炎天下の下、日傘も
ないのにおよそ1キロを歩き続ける。
しかも最後は上り坂。






2019090312.jpg






でも登り切ったさきには
素晴らしい建物が





2019090313.jpg






もう絶対車がないと困るんです豊田市。
これはトヨタの陰謀に違いない。




汗が噴き出す暑さで早く中で涼みたいのに
そこにはクリムト展を見る人たちで長蛇の列。
やっぱり平日でもこれだけ行列ができるなんて
人気ですね、クリムト展。





今回は音声ガイダンスも使いました。
稲垣吾郎さんの心地よい声での説明を
聴きながら、ゆっくり鑑賞。
稲垣吾郎さんとクリムトはものすごく合う(笑)。





絵にパワーもらうってこんな感じなのか!ってくらい
エネルギー溢れる絵がたくさんのクリムト展。
幸せ感いっぱいで美術館をあとにしました。
帰りはもちろんタクシー!
運転手さんに熊本からと伝えると驚き、
でも先週は函館からのお客さんを乗せました、と。


『正直なんでこんなもののために来るのか
わかんないですよー!』って運転手さん。


そりゃもう個人の趣味ですからね・・・・。
わりとデザイン学校系の若い子とか多い印象。





その後は名古屋の街をフラフラしたり
懐かしの顔に会ったり名古屋コーチン堪能したり。
仕事前ギリギリで戻るスケジュールでした。





クリムトの作品のベートーベンフリーズは
やっぱりウィーンに行かないと見ることができない。
いつかは絶対ウィーンだ。






klmt2.jpg













スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Extra

プロフィール

リンリンRS

Author:リンリンRS
2008年6月に長男出産。
2010年12月に長女出産。
転勤族。現在熊本で育児奮闘中!

アクセス数

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベビベビ点取り占い

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ