FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親たちのご乱心







研修から帰ってくるなりの大事件。
子供の学校でのトラブルから発生した
私、(ともう一人の母親)の懇談会での
公開処刑未遂事件です。




私には寝耳に水もいいところで
いったい何が学校で起こっていたんだ!?状態。




息子、今のクラスになってからとにかくトラブルが多くて
それはもう本人も親もなかなかの苦労を強いられてきました。
で、また面倒なのはこのご時世、親の感覚が違い過ぎて
すぐ「菓子折り持って謝罪だ!!」となる事がわりと多いこと。




そういう感覚の違いが発端?となった公開処刑要求。
でも、そんな事態になっているとは知らない私。
結局、私の留守中に起こった事件の顛末をママ友に教えてもらい、
空港到着からその足で謝罪行脚をする羽目に。
というか、なんで謝罪しなきゃいけないのかもよくわかんないのに
お土産で買ってきたお菓子持って謝罪ですよ。





もうね、まず玄関のピンポン押しても出てこないの最初のママ。
挙句、横のベランダ開けて仁王立ちで


「は?なに?」



と見下ろされる恐怖。
もう私はよくわからないけど
怒らせてることは間違いないので
土下座ばりの謝罪。
とにかく今回の件について何も知らない、
まず学校からの一切聞いていないと弁解すること
約1時間・・・。
ようやく理解してもらえたようで、でもそのママが





「〇〇さんの家にも行ったほうがいいと思う。」








えぇ、行きますよ。お菓子まだありますし行きますよ。
そしてそこからもう一軒の家を探しあてて謝罪…。







こういう母親の感覚の違いによるトラブルはもう
ある意味どこでもあるあるでしょう。
うちだってやられてるわけですから、問題にしようと思えば
できますよ。でも、それやりすぎたら子供たちは
結局親に言いつけて相手悪者にして終了ですからね。
何も学ばねーーー、と思うわけです。




まぁそれはもう仕方ない、あきらめる。
でも今回の件はまず学校がダメ過ぎた。




文句言った親に対して、その場しのぎでしか
対応せず、適当なごまかし方をしたもんだから
相手の親たちは勝手に「公開謝罪」をしてもらえると
考えたわけです。そして、その文句があったことも
何もかも聞いてない私はもちろん研修ですから懇談会は欠席。
それも、担任には前々から伝えてあったわけです。






で、いざ懇談会当日、謝罪がないことにご立腹の母親が
担任を責め、その担任は号泣。結局、懇談会はその母親に乗っ取られ




「では、一人ひとりにご意見伺いましょう」






という、まるで『踏み絵』のようなコメントどうぞ状態。
ほとんどの保護者達が何も知らなかったので

「え?なに?RSさん、謝罪しなきゃいけなかったのに逃げたの?」
「仕事って言って逃げたの?」

と、なるわけですよ。
でも、しつこいですが、私とそして今回メインで
名指しされてしまっていたもう一人のお母さんも何も
聞いていないわけですよ。



何人かの友人は



「訳がわからないのでコメントできません」



とか、その場を去るとかそのような対応を
したらしいです。もう言わずもがなその場の空気は
凍てつくようなものだったんでしょう・・・。






なんでこんな事になるかなぁ
今回、校長も担任もひたすら謝罪してくださいましたが・・・でも
結局





「RSは謝罪せず逃げた」




という状態で懇談会は終わってるので
私に言わせるなら名誉棄損ですよ。
懇談会にきていた保護者一人ひとりに
今回の顛末を説明したいけど、連絡先もわからない
そしてそんな手間めんどくせー。




知り合いのお母さんたちには、何人かだけでも
事情を説明できたし、憂さ晴らしの飲み会も
開催してもらったけど、マジむかつくーーーー!!!です。






普段、何も言わないのをいいことに
完全に学校にいいように利用された形。




ただ、今のクラスで息子が喧嘩したと聞くと
いつも息子を叱っていたけど、今回の件で
息子も被害者で、その中で親にも言わずに彼なりに
闘っていたし、いじめのような状態からの
トラブルだったことも分かりました。





そこには目をつぶって、対抗する息子のやり方だけを
トラブルとしてとりあげる担任の先生にも憤り。




はーーーー!疲れた!!!!





でも、これも経験。
そのうちネタにしてやる、と思ってます。
息子もつらい時期だけれども
人生はつらい経験をしたほうが
絶対あとから得だから、と伝えて
家族で支えあえたらと思うわけです。





そして、息子はその憂さ晴らし?ではないけど
存分に早めの冬休みを堪能しております。



















スポンサーサイト

また研修・・・みちのく一人旅





今年、まさかのまたまた研修@東北






半年前くらいからなんとなく行けと言われる
覚悟はあったのですが案の定・・・






断ることもできず結局11月末から約10日間
死ぬほど行きたいくない研修へ。
あまりのストレスから白髪もまた一気に増え
ありえない場所に口内炎ができるという始末。






研修に向けて事前にやらなければならない課題、
出発準備・・・。もちろん不在の間子供たちのこともいつも以上に
両親に負担がかかるわけで…。






もう本当に仕事辞めたい辞めたいと
つぶやき続ける日々が続いていました。













行きの飛行機から富士山ちらり













2018kenshu.jpg
食の楽しみも口内炎により皆無









2018kennshu3.jpg
ワサビが口内炎に染みて悶絶






口内炎の苦しみを出発前に友人に
訴えたところ、「はちみつを塗る」という
アドバイスをもらった。
研修所に到着してすぐ、藁にもすがる思いで
はちみつを購入するためお店へ!!
その夜、口内炎に塗って寝たところ翌日には痛みがない!!
「すげーーーー!!」です。
おかげでその日の歓迎会も無事楽しむことができ、
食生活も元に戻り、残りの牛タン生活は
美味しく楽しむことができました。






口内炎にははちみつ!!!!
もうこれは一生忘れない!!!






研修はつらい日々ですが、間の土日はフリー!!
ということで久しぶりに東京へ行き、口内炎を
救ってくれた友人と再会を果たし都会の空気を
存分に楽しみました。










2018kennshu4.jpg















2018kennshu5.jpg








今回、なんだかんだでメンバーには
恵まれた研修で、大変だったけども
優秀な人たちに刺激をたくさんもらえました。
その刺激もまた元の生活に戻れば消えるのですが。
こんなに頭使ったのいつ以来だろ。






2018kenshu6.jpg
さよなら東北









頑張ったよ、自分・・・と10日間の
毎日をしみじみと振り返りながら空路にて
降り立つとそこではその研修の苦労なんて
一瞬で吹き飛んでしまうほどの大事件が起こっていました。
私って本当に平穏な日々からは程遠い
ところで行きていく星のもとに生まれているのだと思います。












グリーンランドはオズランド






熊本の荒尾という場所にある遊園地
「グリーンランド」。
久しぶりに出かけてきました。






この遊園地、最近、映画「オズランド」の舞台となった遊園地。
撮影もここで行われ、スタッフのユニフォームもこのまま使われた。
映画のキャストもかなり豪華で、正直、なぜ!?という感想なんだけど
でもこの遊園地、本当に穴場というか、もっと人がきても
いいのでは?という場所。





絶叫系のアトラクションなんて本当に
レベル高いのがたくさんそろってるし、なにより
土日でもほぼ並ばずに乗れるという…。





ディズニーとかUSJみたいな細部へのクオリティーはないし
従業員も地元の高齢者とか超若者が多いので
素人感満載。でもそこが味と言えば味。
なんというか、そういうことを期待したらダメな遊園地です。






ただ、しつこいようだけど本当に
絶叫系アトラクションはかなりのハイレベル。
そしてほぼ並ばず乗れる!!!






私とリンさんは何も考えずに並ばずに乗れるからという
理由だけで、うっかり乗ってしまったら
遊園地で一番恐ろしいと言われる絶叫系アトラクションに
乗ってしまい、二人して泣き叫ぶという結果になりました。
あんな恐ろしいの二度と乗らん!!








IMG_1028.jpg











green1.jpg











gren3.jpg










ただ、ここは真冬と真夏はかなりきつい。
また暖かくなったら行こうかな。










Extra

プロフィール

リンリンRS

Author:リンリンRS
2008年6月に長男出産。
2010年12月に長女出産。
転勤族。現在熊本で育児奮闘中!

アクセス数

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベビベビ点取り占い

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。