Entries

東京スカパラダイスオーケストラ




久しぶりにはまったアーティスト・・・
今更ながらの東京スカパラダイスオーケストラ



リンゴちゃんとのコラボやCMで耳にはしていたけど
友達に勧められて聴き始めてどハマり。























40代にはきついけど、スタンディングライブに参戦予定です。













スポンサーサイト

ボランティアと絵本





今回の震災でたくさんのボランティアの方々が
熊本に入られていますが、マッチングがなかなか
難しいのですね、ボランティアって・・・。



私も今回、一人の時間のときがけっこうあったので、近所の小学校で
避難している人を対象に絵本よみきかせのボランティアをしてきました。




もともと小学校の絵本サークルに入っていて、週一回各クラスに入って
読み聞かせしているのですが、今回そのサークルが、避難所となっている
小学校での読み聞かせをするというのでそれに参加。





場所、時間をアナウンスしてもらったりして同じ
サークルの方と部屋で待っていると、実際読み聞かせに
いらしたのは子供たちよりお年寄りのほうが多くてびっくり。





こちらは子供向けの絵本しか準備してなかったけど
それを読むしかないので、全力で絵本を読む・・・。
するとこれが意外に好評。きれいな絵本はやっぱり
大人だって楽しめるんだ、と再確認。
強いぜ、エリックカール絵本。




他のメンバーの方も手遊びをしたりいてこれもまたなかなか好評。
終了後は用意していたお菓子とお茶でまったりお話し。
すると、特にお年寄りの方々はみんなよく話す。
とにかく話したくてたまらないっていう感じ。
みんな震災でたまった不安やストレスを吐き出したいんだなと。




絵本ボランティアというよりも傾聴ボランティアでした。
避難所も後半は、ただ一人でいたくないからというお年寄りが
多かった印象。うちの近所は家自体の被害はそんなにひどくない
ところが多かったので避難所もそういう方が多かったです。





小学校での読み聞かせは週に一回、朝の職員会議の時間に
私たちのサークルが入って20分間担当クラスに読み聞かせを
するんだけれど、その20分は好きに使っていいのでけっこう楽しい。
学年によってリアクションはさまざま。




小学校に子供がいる人は自分の子のクラスに入っていいので
去年はもっぱら1年生、今年は2年生なんだけどたまに他の学年にも
いくわけで・・・。高学年になるとかなり手ごわいです。




何を読んでいいのかわからないので、勢いで20分終わらせる感じ。
特に高学年女子・・・。一応座ってはいるけど「はぁ?絵本?」っって?
みたいないきなり斜にかまえてるわけですよ。その視線に戦いを挑む20分。
でも、その戦いをなごませてくれるのはだんすぃ~なわけで、小学校は
ほんとおバカな男子が断然かわいいぜ・・・。









熊本地震




ご無沙汰しております・・・。



熊本地震・・・。
まさかの熊本での大地震。
すごい揺れでした。




4月14日21時26分。
のちに前震と言われる揺れがやってきました。



ちょうど子供二人と寝ようとしていて、ガタガタ・・・ときたけど
ただ事ではない揺れ。二人を呼んで上に覆いかぶさって
揺れが去るのを待つしかなかったです。その後、すぐ実家から
父が来てくれて、あとは続く余震におびえながらほぼ眠れず朝に。
近所の人たちではこの揺れで近所の小学校へ避難している人たちも
いましたが、まだまばらでした。




職場はその日から臨時で24時間体制に。
緊急事態なので職場に泊まり込みになり
子供たち二人両親にお願いして職場に滞在。
それでも実際被害はそこまで酷くないようで、この体制も
1週間程度かな、と思っていたその深夜、同じ震度7とは
思えないそれはそれは激しい揺れがやってきました。





父に電話すると、家の中は滅茶苦茶らしくとりあえず
小学校に避難するという話。
私も早朝、いったん家に帰りました。家の被害のほうは・・・






sinsai6_20160704224155c1c.jpg









sinsai2_201607042241565b5.jpg












subsai3_20160704224158349.jpg









sinsai4_201607042241597b4.jpg






築20年の中古の我が家、それでも家自体の被害は
酷いものではありませんでした。家電やら小さなヒビやら
クロスの歪み程度。電子レンジが吹っ飛んでいたのは驚きました。
でも、なぜか食器は全く被害なし・・・。





でもその日からライフラインがいろいろと止まりだし、
水、ガス、電気・・・。でも電気はすぐ復旧。
しかし、余震は続くし、小さな子供を面倒見てもらうには
あまりにも不安な状況。そこで親戚からのアドバイスもあり
子供と両親は徳之島へしばらく避難してもらうことにしました。





しかし熊本からの脱出手段が難しい。
鉄道はない、高速も被害がある、よって下道が大渋滞。
結局、朝早く熊本から高速で福岡j空港へ出てそこから鹿児島へ飛び
さらに徳之島へという経路。なんとか17日中にたどり着いてくれました。





私は職場と家で余震の中過ごすわけですが
環境は良くないとはいえ、職場にいるほうが安心できました。
もちろん職場も被害は受けてるけど、人がいるし、それだけでかなり安心。
家にいると夜の余震が怖くて眠れないし、水もない、ガスもない・・・。
お風呂にも満足に入れないのでたまに山鹿あたりの温泉地まで足をのばしたり。
市内の浴場はあまりの混みようで待ち時間3~4時間とかでしたから。



我が家近辺の被害は、特にひどかった益城、西原あたりに比べたら
まったくもってたいしたことない被害でした。全損壊した家は近所に見当たらなかったし
瓦が落ちてブルーシートのところ、塀の倒壊程度はあるけれども比べたら本当に軽い被害。
同じ熊本市内でこれだけ被害の差があるという、本当に震度の浅い局地的な地震。
そしてまだまだ余震が続いております。





さらには大地震のあとの水害に加え収まらない余震。
次は台風か?と構えていますよ、ほんと・・・。




もうね、自然相手じゃ何もできないですから
構えるか逃げるかのどちらかです。
でも、やっぱりここが地元の人は逃げるって言っても
思い入れもある場所ですから簡単ではない。
特に熊本は地元から出たことのない人が多いエリアでしょうからなおさら。




復旧に向けて急ピッチでいろいろと進んでいますが
このような震災を糧にして、この先のことも考えた
できるだけ壊れない街づくりをしてほしいと思います。
もう高いビルなんて建てなくていいじゃんって思うんですよ、ほんと。
どう考えても人口なんて右肩下がり。
お金だってどんどんなくなっていく。
その負債を抱えるのは私たちの子供世代。




誰だかの言葉で、都市化が進むほど災害に
弱くなるって何かで読みましたがそのとおりですよね。




これだけ多様化の進んだ今、被災者側の状況も
本当にいろいろだな、と思います。
表立って出てこない問題を抱えた人たちに手が
行き届くような支援が続くことを願います。











Extra

プロフィール

リンリンRS

Author:リンリンRS
2008年6月に長男出産。
2010年12月に長女出産。
転勤族。現在熊本で育児奮闘中!

アクセス数

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベビベビ点取り占い

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ