Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Opening Ceremonies of the London




ロンドンオリンピック開幕してなんだか
落ち着かない雰囲気・・・。




スポーツは詳しくないけど、でもアスリートが
技、速さ、美しさを競う瞬間瞬間にはドキドキするし
日本がメダルとったら当たり前だけどうれしいです。
ただ、マスコミのメダルへの騒ぎ方が嫌い・・・。
応援することは大事だと思うけど、メダル予想とかは
ほんと嫌なんだよなぁ。




で、私は競技よりもオープニングセレモニーに一番興奮します。
まったく興味ないとかつまらんって言う人もいるけど
どんな演出があるかとか、各国の入場行進の衣装とか見るのが楽しい。






po.jpg






今回のセレモニー、ライブでは見ることができなかったから録画
してたんだけど楽しかった・・・。
どんだけ盛りだくさんなのよイギリスって感じで次から次に期待
されていた人たちが出てくるし、エリザベス女王とジェームズ・ボンドの
演出なんて超粋じゃん!って感じ。ベッカムの登場はそうきたか!と。





oc3.jpg





be.jpg




あとMr.ビーンもよかった・・・。
久しぶりにまたビーンのシリーズ見たくなりました。



b_20120730143155.jpg





ところで入場行進で不審者が一緒に行進していたということで
ニュースになってましたけど、ほんと誰なんでしょうね。
すごくうれしそうにインド選手の一緒に入場。
セキュリティをどうやってくぐりぬけたのか不思議過ぎです。




Z20120729TTREU01726G3000.jpg




暑さ厳しい毎日だけど、やっぱり夜更かししても見たい
種目があるわけで寝不足になりそうなオリンピックシーズンです。





子供と一緒に見れるようになったらまた
楽しそうだけど、ユウはまだ興味ないみたいだ。






スポンサーサイト

だんごろむし



少し前は怖がって虫とか触らなかったユウだけど
最近はガンガン触ります。正直つらいです・・・。
だって虫苦手・・・。



でも私が嫌だったらいかんと思って
虫見せられるときは極力虫から視線外して答えてます。



先日はついにだんご虫を持ってきて家の中で一時飼育。
『ぜっっったい家の中で開けるな!!』という
約束のもと、小さい水槽みたいな箱にいれておきました。



ユウはしばらくは『だんごろむしおきてるかなぁ~』とか
気にしていたけど、そこは4歳児飽きるのも早いわけで
ほとんどの時間その存在を忘れ、私も極力近づきたくないので放置。
翌日夕方にはカラカラになってしまってました。ごめんよ、だんご虫・・・。




dango.jpg



なんか今日も仕事から帰ってきたらその水槽に新たな虫らしきものが
入ってるんですが・・・。それがなんの虫なのかよく分からず、
ユウに『これなんていう虫?』って聞いたら


『カメ虫だよ!』


と・・・。



カメ虫って触るとスーパー臭いやつですよねぇ。
今のところ特に臭い感じないんですけど
どうせそんなに執着もしてないんだろうから
明日こっそり解放してこようと思います。




それにしても探せばけっこういろんな昆虫
いるもんなんですね、こんな場所で・・。
セミの幼虫も見つけた!と言って何回か報告してくれました。
見なくていいので報告だけ受けてます。






また会う日まで!




ここ1週間で二人の方が転勤で新潟から他県、他国へと
さようならしました。



もうね、淋しすぎます。



ブログで知り合うことができて、実際ランチなどで
いろいろお話させてもらってまるで姉さんのようだ~と
勝手に慕っていたrimiさん。



私が転勤族ということで子供の世話のことでもすごく
気にかけてくださり、普段会わなくてもなんとなく
同じ転勤族、九州人で新潟で頑張ってる人がいる!と思うことで
どこか安心してた部分があったんですよね、私・・・。



それが・・・急に・・・さようなら。
最後わざわざ職場に挨拶にきてくださって
思わず涙してしまいました。



で・・・転勤先が神戸ってうらやましい!!!
ガタレーゼから神戸マダムへ!


rimiさん、関西生活満喫してくださいね♪




そしてもう一人は英会話で一緒だったママさん。
行き先は海外。



子供がまだ幼稚園で一緒に行くかすごく迷ったみたいだけど
以前にもご主人の海外赴任で経験があったし、なにより絶対
子供にとっていい経験になるから思い切って家族で行くことに
したらしい。英語も親子で上達するしきっといいことづくめ!!



もちろん不安はあるんだろうけど、子供は敏感にそういうのを
察知するから、あまり考えないようにゆったり過ごしてるのって
話していました。本当に素敵なママさんで英会話も彼女に会えるのが
楽しみで行っていたようなもの。彼女がいなくなったら先生と
マンツーなんだけど・・・どうしようかなぁ。




はぁ・・・それにしても淋しいです。


今回、やっぱり会いたい人には
できるだけ早く会っておくべきだな・・・と思いました。
自分が忙しいのや、相手の都合とか考えすぎて
ついついお誘いするのをためらってしまうことがたびたび
なんですが、こうやって転勤!なんてことになったら
次いつ会えるか分からないですからね。





海の日




月曜日は私が仕事で旦那休み。
旦那は昼からパパ友と一緒に子供を近所の海に
遊びにつれていってました。



その日の新潟市はどえらい猛暑。
海に行かずどこにいく!ってな感じで海は大盛況だったらしいです。
あとで気づいたけどその日は海の日だったんですよね・・・。




ユウは私たちと行くとあまり海に入っていかないんだけど
この日は友達や海で出会ったおにいちゃんたちの影響もあって
かなり思いっきり遊んだ様子。


帰ってきたら

「ユウね、海で遠くまで泳いだんだよ!」
「ユウね、カニ触ったんだよ!」
「ユウね、チョウチョとったんだよ!」

と鼻息フンフンで話してくれました。
やっぱり友達効果すごい!!





yuse.jpg





yucho.jpg





youc.jpg腹がやばい腹が





rinsa.jpg
リンさんも果敢に海へ向かったとか




帰ってきたらもう砂がバラバラと落ちてくる・・・。
でもかなり楽しんできたようなのでよかったです。





つい先日まで新潟では夕方5時からドラマ「海猿」が
再放送されていて、それを見たユウはもう完全に
海上保安庁モード。海に入るときもなにやら一人で
ボンベとかマスクをつける仕草しながら入っていたらしいです。



ユウのゴッコ遊びはおもしろい。
ウルトラマンだったりフォーゼだったりだけど
夕方お父さんと戦いごっこしながら途中台所で
皿を洗ってる私のところにきて私の腕をつかみ


「おい、大丈夫か?」


と声をかけ、私が「うん、大丈夫」と言うと
「そうか!」と言ってまた戦いへ戻っていきます。
完全に本気モード。私もガラスの仮面の北島マヤばりに
本気でやらなきゃだめですかねぇ~。







保育参観




今日は保育園でリンさんの保育参観。
仕事は休みをとった。



9時半くらいからの保育に参加したり見学したり。


リンさん、絵本の時間が始まると我先にと
先生の真ん前を陣取り絵本に釘付け。
家じゃ見られない姿にちょっとびっくり。


その後、おやつを食べたらまずプール。
まだ小さいプールでただ遊ぶだけだけど
リンさん全然入らない。固まってるので
つまらんなぁ~と思ってたらユウのクラスが登場。
大きいほうのプールで遊び始めた。


見てるとそちらのほうが元気いっぱいでおもしろくて
プールはユウの参観みたいになってました。
ユウは私に手を振りながらめちゃくちゃ楽しそうでしたよ。


リンさん、ほぼ固まったままのプール終了後は
着替えてお遊戯室で遊ぶ時間。
みんな思い思いに遊んでいて、リンさんはキッチンセットで
冷蔵庫開けては何かを洗うというしぐさを延々やってました。


途中、まるまるもりもりの音楽が急に始まると
子供たちはステージによじのぼりこれまた思い思いにダンス。
やっぱり女の子は踊ることが好きなんですね~。男の子はほとんど
のぼってなかった。ユウもこういうの絶対参加しなかったもんな。



そして給食時間は親の分も少し準備してもらって一緒に食べる。
これがリンさん予想以上にひどい食べ方でもうメチャクチャ。
「いつもは最後まで座ってスプーンで上手に食べるんですよ~」と
先生もちょっとたじたじになるくらい散らかすわ、脱走するわ、
寝転がるわともうやりたい放題。



同じテーブルの女の子二人はとっても上手にスプーンで
食べていたのでかなり恥ずかしかったですよ、リンさん・・・。


で、しばらくするとあちらこちらから号泣する声が聞こえだす。
なぜかというと親たちがバイバイ~と帰り始めたから。
一緒に帰ってもいいし、そのまま通常保育でもいいんだけど
仕事休みなのにおいて帰るということをなんとなくうしろめたく感じてしまい
当初は一緒に帰るという選択をしていた私。



でも本音は家に帰って家事をやってしまいたかったわけで
ほとんどの親が子供を置いて帰ってるのを見て
「しまった・・・。私もそうすればよかった~」と思っていたら
先生がつつつ・・・と私のそばにきて


「お母さん、みんなどうせこうやって号泣だし
 おいて帰っていいですよ~。せっかくのお休みだし
 ゆっくりされてください」


と、ささやいた。リンさん大泣きだろうなと思ったけど
おもちゃに気をとられている隙にこそ~っと保育部屋を脱出。
そそくさと玄関まできたら、二階の保育室から「いってらっしゃ~い!」と
先生と抱っこされたリンさんが手を振っている。
「お母さん、全然平気ですよ、リンちゃん~!」と先生。



リンさん、状況がよく分からないけどバイバイしてる感じで
私はありがたい~と先生に感謝しながら家に帰りいつもの
お迎えの時間まで買い物やら家事やらを済ませることができました!!




今回も保育園の先生たちの忙しさにもう頭が下がる思いでした。
子供の相手しながらオムツ交換、トイレやらおやつ、給食の準備、
後片付け・・・。子供はずーっとまとわりついてくるわけで
それを笑顔でかわしお昼寝の寝かしつけも・・・。




ほんとすごい!仕事とはいえ家に帰ってからまた
小さい子供を相手する先生だってたくさんいるわけで
自分には絶対無理だな。



rss3.jpg
熟睡中




MIND SHIFT


一昨日、仕事後ジム行ってフラフラになって帰ってきて
ボーっとテレビ見てたら初めて見る「アシタスイッチ」という
番組で石田衣良さんと坂口恭平さんの対談が始まった。



石田衣良さんはいわずもがな有名な作家さん。
坂口恭平さんは以前ここでも書いたけど私の高校の後輩であり
(後輩と書くことをためらうんだけど)とてもユニークな発想で
0円ハウスという住居を元に新しい生き方を提唱してる活動家(?)であり作家さん。




番組では坂口さんが0円で建てたモバイルハウスの話を皮切りに
今の社会の中での「幸せ」の在り方について二人が意見を交わす・・・
というより坂口さんの意見に対して石田さんがそれを
「理想だけど非現実的」とバッサリ切り捨てていた感じだったけど。




石田さんは「もう日本はピークを越えてあとは徐々に縮小していく。
人の幸せはお金あってのものだから先は暗い」というニュアンス。
一方坂口さんは「お金があって幸せとか多額のローンを組んで
家を建ててそのために働くという考え方をする時代はもう終わった。」と。



坂口さんは震災後福島から避難した母子を熊本の0円ハウスに呼び寄せ
そこからとてもすばらしいコミュニケーション社会が生まれ、人の善意が集まる
場所を作り上げた。政府ができなかったことを彼はやったのだ。しかも寄付、
ボランティアが集まったので実質0円で。




さらにすばらしいのはその0円ハウスで生活するうちに
お母さんたちが自分で行動しなければ!と考え始め、頼る生活から
自立した生活を模索しはじめたこと。人の才能が動き始めたことで
そこは避難所ではなくひとつの小さな社会として機能し始めた。




人が考え、行動して才能が集まる場所はすばらしい。
その中に幸せの価値を見出しいく社会がこれからの在り方・・・というふうに
私は解釈したんだけど・・・要は結局は人だよってことでしょうか。




石田さんは経済活動は止められないし必要だから
坂口さんんがいう社会はあくまで理想であり実現する確率は限りなく低いと
言っていた。たしかに今の社会の考え方で言えばそうかもしれない。
そしてバブル絶頂の日本を幸せ!と生きていた年代にとっては特にそうかも。



でも若い世代は違う。
バブルも知らないし景気がよいということが幸せという観念も果たしてあるのかどうか。



坂口さんの話からは希望が見えた。石田さんがひたすら後ろ向きでネガティブなのに対し
たとえそれが理想だとしても坂口さんの考え方は人間の理想的な生き方の一つだったと思う。



理想は大事。それは絶対。
今の国会を見てるとなんかもうどこの国の茶番だ?と言いたくなるような
質疑応答が繰り返されているわけで、個人を置き去りにして組織を守ることに
必死な人々に何かもう言いようのない感情がわきあがってくることもしばしば。





とまたダラダラ書きたいこと書いてたらこの時間。
明日は参観日。寝よ寝よ~。
こんな駄文長文、読んでくださった方ありがとうございます!










今現在、新潟地方は大雨洪水警報が出てるみたいだけど
外はほとんど降ってません。どのあたりがひどいのかな。



被害が出るのは論外だけど、どうしようもないくらいの
どしゃ降りは結構好き。家の中にいるしかないし
雨は消炎作用がある、と有名作家さんが小説の中で書いてたけど
たしかにそういう感じがするなぁ~と思う。



九州の雨の降り方を知ってると物足りない、と思ってしまうくらい
ここの梅雨は降らないけど、でも新潟は水に弱い土地だと思うので
このまま被害が出ないよう、ちょうどいいくらいの雨量で梅雨が
終わってくれたらいい。去年は被害がまだ残ってる地域もあるわけだし。



この間、長い間新潟に住んでるマダムが「私は新潟地震の津波も
水害も知ってるから川の近くには住めない!」って言ってたけど
たしかに・・・ハザードマップ見るとちょっとびっくりするくらい
新潟市は水害に弱そう。あと液状化マップも真っ赤な地域がかなり多い。
こういうのって見たことなかったけどやっぱり知っておくと
心構えが違ってくるから防災知識としては絶対必要!



大震災以降、日本人の防災意識ってかなり高まったと思うし
国が~県が~とか言う前に自分で準備しておかないと死ぬな・・・とつくづく。




ハザードマップいろいろ:http://www.mlit.go.jp/common/000054965.pdf




液状化マップ:http://www.mlit.go.jp/common/000055003.pdf#search='新潟 液状化マップ'



この間テレビで地震における家具の転倒防止のための
粘着マットを作った会社の社長さんを特集していたけど、
阪神淡路大震災で、家具の転倒により亡くなってしまった
友人のためにどれだけ断られ続けてもあきらめず、結果
震度7でも倒れないマットを作ったその苦労に思わず涙しました。
マット買ってすぐ設置しようと思ったけどまだ買ってない。




夢の扉 プロセブン 小玉誠三さん



話はすっ飛んでこの番組で新潟の「アクアデザインアマノ」の代表取締役天野尚さんも
取り上げられていたけど、すごかったです。この方の自宅のお庭は完璧な森。
森の中に家を作ったわけじゃなく、庭に森を作ってた。
語彙力ないからうまく書けないけどプロってすげ~なぁ~とこの番組みるといつも思う。




そういえばアクアデザインといえば・・・ともう書くときりがないので
寝よう。睡眠不足はデブのもとらしいし。やせないなぁ、ほんと。











有名なママさん?




この間とあるママさんと話していたら
お互いあるママさんを共通で知ってることが判明。
でもその人の話をするのにお互いものすごく
雰囲気を探りあいながらも微妙な雰囲気・・・。




でも途中からお互い
「やっぱりそうだよねーーー!!」
と爆発したように話始めました。




その理由はそのママさんがなかなかの強者で
お互いそのママの言動でかなり傷ついていたから。




とにかく相手が「カチーーン!」とくるようなことばかり
言うんですよ。なんでこんなに言われなきゃいけないんだ?と
思うことたびたびで、ほかのママさんにも私が冷や汗書きそうなくらい
言っちゃいかんだろってことズケズケいうからほんと疲れてました。
前もちらっと書いたけど自分は絶対言わないのに年収とかも聞いてくるし
たまに自分のこと言うといえば嘘をついてまでの自慢だったり。
あ、猫いると子供心臓疾患になるよっても言われたな。




たいして仲良くないのに馬鹿とか言われたときはほんとキレかけたけど
まぁそこはぐっとこらえて笑ってごまかしました。
その人だけなら会わずにおけば済むんだけど、別のママさんもいつも一緒に
会ってたからなかなか距離をおけずいつも会うたび嫌な思いをしてた。




で、その話をしたママさんも同様に参ってるらしく
でも習い事で会うからどうにも避けられないみたいで
どうしよう・・・と困り顔。ほんとこういうのって面倒だ!!




音楽ネタ



そういえば東京事変は解散してしまったわけで
一時期はファンクラブにまで入って追いかけていた私だけど
いつの間にか彼らの音楽に触れる時間はなくなってしまっていた。



でもやっぱり彼らの音楽にはセンス、グルーヴ感において
ほかのバンドではなかなか感じることができないものが
あったと思う。だから解散は本当に本当に残念。



椎名林檎さん、デビュー初期は奇抜な衣装、MV、歌詞が
フォーカスされていたけどやっぱり歌唱力はかなりのもの。
特に出産後はしっとり落ち着いてきて実力が前に出てきた感じだった。



今後はまたソロで音楽を続けるのだからそれは楽しみだけど
でもやっぱり東京事変というバンドはすごいバンドだった!!














海は苦手なはずのユウが「海行きたい」と言うので
先週土曜日かなり重い腰をあげて行ってきた。
だって天気は超快晴で日焼けするのがちょいと憂鬱で。



海に着くとリンさんチャイルドシートで寝てしまってて
仕方ないからリンさんおんぶでビーチへ。これがまた暑い・・・。



青山海岸という場所、きれい!といえるビーチではないんだけど
それでもユウは海だ!と喜び、恐る恐る波打ち際まで近づいて
自分の恐怖心を払拭しようとがんばっているようでした。




1sea.jpg








砂場遊びセットで時間つぶしたりして、ちょっと退屈し始めた
感じだったけど、ユウはしばらくすると自分で夢中になるものを
見つけてかなり集中して遊んでました。



その後リンさんは暑さのためか起きてしまって一緒に海遊びスタート。
まだ怖いものなしなので果敢に海へ・・・その姿はまるでペンギン。
私が打ち上げられたくらげの死骸を見つけたのでユウに教えたら
これまたかなり興味津々でずーっと遊んでました・・・。









コップに詰められたり、砂まぶされたり、海で洗われたり残酷だけど
ユウにとってはかなり興味深かったらしい。





sea3.jpg




太陽と海風に当たって疲れたのか
夜はすぐに寝てくれました。
海、いいな。この夏はできるだけ行ってみよう。










4歳になった




28日でユウは4歳。

もう前々からやれプレゼントだ、やれケーキだと
話は出ていたから当日は特に朝からハイテンション。
私は早朝出勤の日だったから、夕方帰ってきてから
夕飯やプレゼントの準備を猛ダッシュで完了。


保育園から帰ってきてからは次々と宅配便が届いて
祖父母から、叔母たちからのプレゼントに鼻息フンフン!
ケーキも届けばもう満足!という感じで、せっかく私が
がんばって作った夕食はおざなりにされ・・・リンさんが
まぁ楽しんで食べてくれていたかな。



今回もケーキは今まで頼んできたのと同じお店に注文。
今までは似顔絵だったんだけど、今回は立体の消防車にしました。



bd_20120701091835.jpg






2_20120701091727.jpgもうオモチャだらけ・・・




私たちからのプレゼントはダイナソールズ
前からユウが欲しがっていて、ようやく重い腰あげて購入。



歩くたびに恐竜の目が光るのと、足跡が恐竜の足跡になるように
作られている。でも電池切れたら交換なしだからそれまで。
それに予想以上に重いから外遊びたくさんするときは向かないな。
まぁユウが大喜びだったのでよしとします。




___20120701091728.jpg





1_20120701091727.jpg




4歳児。たのもしい反面、生意気!と感じることもあって
たった4年前に生まれた、赤子をやっと抜けた子供に向かって
本気でイライラして怒鳴る私はこれまた子供で、スカイプで母に毎日
「あんたが悪い!」と言われております。






Extra

プロフィール

リンリンRS

Author:リンリンRS
2008年6月に長男出産。
2010年12月に長女出産。
転勤族。現在熊本で育児奮闘中!

アクセス数

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベビベビ点取り占い

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。