Entries

ドキドキの日々


引き続き基礎体温は高温を持続中。
今日で5週4日といったところかしら。


病院に行くタイミングをまだ迷ってるけど
子宮外妊娠のおそれもあるし、やっぱり
早目にいったほうがいいかなぁ。



仕事がバタバタしてるから
明日にでも行ってみよう。




ねこちゃん、頑張れ!
元気に育ってね。




スポンサーサイト

再び妊娠


もしかして・・・・とは思っていたけど
昨日、期待をこめて検査薬を試したら
陽性が出た!




でも、前回のことがあるから喜びもまだそこまではない。
せめて心拍が確認できないと安心できないもの・・・。



病院もきっと今行っても胎のうが見えるか
見えないかぐらいだと思うから、もう2週間ぐらいしてから
行こうと思う。




胎児名、『ねこちゃん』


ねこかよっ!と言いたくなるけど
旦那がそう呼ぶからそれでいいや。



ねこちゃん!頑張って育ってね♪


たまには猫など



我が家の愛猫紹介


名前: リンリン

性別: ♂(去勢済)

性格: 無愛想なうえ凶暴

出身: 長崎県の路上


得意なポーズ↓





以後お見知りおきを・・・

流産




2回目の産婦人科で心拍確認
できなかったことで『もしかして・・・』
という不安が一気に大きくなってきた。



ネットでしらべるのは初期流産の
ことばっかり。なぜか自分の中で
大丈夫、というふうに全く思えない。



そして7月16日朝、
新潟市を強い地震が襲った。
あまりの揺れにかなり動揺して
立ちすくむ。



夫婦共休日で朝ご飯の準備中
だったけど、旦那は地震で緊急出勤。
私もいつ職場に呼ばれてもいいように
自宅待機との連絡がはいる。





そして、私のお腹は急に張りが
強くなり、ちくちくとした痛みも
大きくなってきた。
夕方には少し出血。
不安は大きくなる一方。




翌日は早朝から出勤。
地震の影響もあっていつもより
仕事がハード。
出血もひどくなってくる。
明日、病院に行こう・・と、決心。




翌日仕事を休んで産婦人科へ。
超音波ではやはり心拍は確認できず
形が崩れつつある胎のうが見えた。
先生も『これはちょっとよくない・・・。』
と、控えめながらもほのめかす。





待合室ではこぼれそうになる涙を
こらえながら会計をすませて
車に乗り込むけどしばらく運転できない。
『ベビーちゃん、まだ我が家には
 きたくなかった?』と
しばらく泣いて落ち着いてから
家に帰って旦那にメール。





少し眠ったら気持ちも落ち着いた。
旦那が帰ってきてからまた一緒に泣いた。
でも旦那は『まだあきらめないでおこう。』
と言ってくれた。私はもう泣けないほど
あきらめがついていた。
自分の体は自分が一番よく分かる。




数日後、病院で流産が言い渡され
手術するか自然のまま流れるのを待つか
選択をせまられる。
自然のまま、というのはすごい痛みも
出血も伴う、とネットで読んでいたので
正直手術にしたい気持ちが強かった。




だけど、先生はできるなら
手術をしたくなさそうに見えた。
しかもすごく忙しそうでどっちにしても
すぐ手術はいかないようで
また日程を電話で決めることにして
病院をあとにする。




流産が決まるともう涙も出ず
あとは8月1日に手術、と決まったので
普通に暮らすだけだった。
家にいると気が滅入りそうだったので
極力外にでた。テニスまでやってしまった。
すると翌日大量出血。




『これで流れたのかな・・・。』と
感じる。ただ痛みは全くなかった。
翌日また病院に行ってその旨先生に
伝えると超音波で検診して
『中はきれいになってる』と言われる。
先生に『頑張ったね。痛かったね。
つらかったね・・・。』と言われてそこで
一気にまた涙が出てきた。





手術しなかったので一度リセットしたら
あとはすぐ妊娠してOKと言われ
病院を後にする。
あぁ、妊婦生活短かったなぁ・・・と、
寂しくなる。




また、次に向けて頑張るしかない。



でも、何もやる気がおきない。
何のために生きてるんだろ・・
と考える毎日だった。
そしてそれは今もそうなのかも・・・。




妊娠初期の生活



妊娠後の生活ってどこまで安静に
してていいのか?っていうのが疑問。



で、数日後に控えた飛行機での旅行や
今、夢中になってるテニスとかいろいろ
先生に質問してみると



飛行機は問題なし。



テニスも別にウィンブルドン
目指してるわけじゃないんでしょ?



といわれ、普段と変わらない生活を
続けることにする。
とりあえずたまごクラブとか買ってみる。
で、妊婦ストラップとやらをつけてみる。




でも、新潟で電車乗ってリすることないし
活躍する場面なんて皆無・・・・。



しかし、妊娠すると異常に気になるのが
タバコ!!
職場じゃ特に分煙されてないから
もんのすごい副流煙。


職場のオヤジどもなんて
人の妊娠知ったからって
特に禁煙しそうな奴はいない。
自分の快適生活一番!の
ダメおやじばっかりだもの。


加えて私の職場は多分・・・
おそろしいほどたくさんの
電磁波にさらされてる。



パソコンとかそういうレベルでは
ないものすごい電磁波に。
だから電磁波防護下着購入。
職場では電磁波エプロンを要求。




そんなこんなで
全くつわりもないまま妊娠初期の
妊婦生活が過ぎていき、
2回目の産婦人科では
大きくなっている姿を確認。
でも、心拍はまだ・・・・。



先生は

『次回は心拍確認できますよー』

って、言ってくれたけど、
もうこのとき私は流産を覚悟してたかも。
胎のうの大きさが・・・・多分、ちょっと
成長が遅い・・っと、感じたから。



続きはまた次回・・・。




妊娠発覚・初期症状その1


6月に自分が妊娠したときに
本当にたくさんの情報をネットで
読んですごくためになったから


もしかしたら私の短い妊婦生活も
誰かの目にとまって役に立つかもしれない
と思って記録しておくことにした。


妊娠発覚・妊娠初期症状


いつも通りの生理前のような感じ。
ただ、就寝時横になると下腹あたりに
チクチク、というような少しの痛みがあった。


基礎体温を測っていたのだけど
生理予定日を1週間近く過ぎても
まだ高温を保っていた。ただ、生理不順
なのでこれはあまり気にしてなかった。



胸のはりがいつもよりあった。
一番自覚があったのはコレかも。
朝起きてすぐ検査薬をやってみる。




今まで一体何度無駄にしたか
分からない検査薬。
正直どうせまた・・・と、あまり期待も
してなかったのだが、デタ・・・・。
結婚7年目にして初めての陽性。



『できた・・・・。』と台所で
弁当作ってた旦那に伝える。


『え・・・?なに?うそ!?』
と、かなりビックリで喜んでる旦那。
そりゃそうだ。私よりも妊娠を
望んでるのは旦那だもの。



夕方旦那が帰ってきてから
一緒に病院に行くことを約束して
早番に出勤する。



やっと病院に行けるのかぁ・・と
感慨深い。行ったのは新潟では
すごく人気がある産婦人科。
職場の同僚の奥さんおすすめだったので
初めてだったけど行ってみた。




超音波で見えたのは
すごく小さな豆粒のような丸。
これがぁ~~!?って感じだけど
もう感動。帰りは祝いの寿司を食べて帰る。




で、続きはまた次回・・・。





なんだかブログですごくたくさんの人が
妊娠のためめっちゃ頑張ってつらく痛い思いして
・・・とか読んでると、自分の情けなさが
なんとも・・・。



年齢もだいぶ差し迫ってきてるし
ちょっと頑張ろう、私・・・・。





Extra

プロフィール

リンリンRS

Author:リンリンRS
2008年6月に長男出産。
2010年12月に長女出産。
転勤族。現在熊本で育児奮闘中!

アクセス数

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベビベビ点取り占い

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ