Entries

肩の荷が…





ようやく6月が終わりそうです。



本当に待ちに待った7月がくるのです。
ちょっと面倒な役職をこの1年引き受けてしまっていて
だからといって超忙しいというわけではなかったんですが
やっぱり精神的にスッキリしなかったわけで、
人前でしゃべるなんて得意でもないのにやる羽目になり・・・。



そんなイベントが5~6月はこれでもかと続いたので
本当につらかった。だからお役御免となる7月が
本当に待ち遠しかったのです。





話は変わりますが、1か月ほど前に突然「家計調査」なるものに
ご協力くださいませんか?と自宅訪問してきた女性がいらして
よくわからなかった私は、ただ簡単になにかその場で記入したら
いいのか?と思って「いいですよ」と超軽く返事したら、これが
超超超超面倒な調査で、ほんと断ろうかとおもったのですが、流れで・・
受けてしまいました。




内容は、毎日家計簿を記録するだけでなく、
購入したものの内容量だの、個数だのをそれはそれは
事細かに記入するんです。
グラム、ミリリットル・・・。




というわけで、調査のためのキットには計算機、計量器、
ペンシル、芯、消しゴム等々・・・をいただき、毎日決められた
ノートに記入しております。家計簿さえつけたことないのに
ほんと面倒です。県だか市で7名しか協力者はいないとか。
しかも期間は半年。やれるのかな、自分。








kakeibo.jpg









スポンサーサイト

ザ・青森









週末に出かけた青森。
人生初青森。




八戸に住む同級生に会って、彼女の案内で
青森をたくさん楽しむことができました。





予報は雨だったんだけど、私が到着してからは
みるみる青空が広がり・・・神様ありがとうー状態。
新青森駅で待ち合わせ、その後はまず青森駅前の
魚菜センターで海鮮尽くし。







gyosai_201706191525220b9.jpg
彩り悪いですが・・・





ここは自分でチケット購入した分だけの海鮮を
白米の上にのせて海鮮丼を作ることができるお店。
たくさんの新鮮なネタがあり、そんなに海鮮系が得意でない
私も本当においしくいただきました。












それにしても広い青空





その後はその近くのねぶた館「わ・らっせ」に入場し、
青森の人たちのねぶたに対する熱い思いを再確認し・・・









nebuta.jpg











aomori.jpg
しゃれた外観







おとなりのA-Facotryで、リンゴ製品を堪能したあとは
青森県立美術館へ。







art.jpg
アオモリケン







そしてその後は八戸へ車で移動し、彼女一家と
食事をしてこれまた美味しい青森料理を堪能し
楽しい夜を過ごしました。





そして翌日日曜日はまた彼女の案内で
念願だった奥入瀬渓流へ








oirase.jpg
予報当たらず青空!!











oirase2.jpg
とにかくきれい・・・・










oirase3.jpg
マイナスイオンたっぷり









最後は十和田湖でB級グルメの
「ばら焼き」を堪能し・・・






barayaki.jpg
美味しゅうございました







夕方には青森を発ちました。
本当に楽しい青森二日間。
小さい子供いてもめいっぱい案内してくれた
彼女に感謝。





それにしても青森、絶対またゆっくり旅行した場所でした。
白神山地や北のほうにも行きたいなぁ。







東北





今回の東北行きはかなり「食」に
期待をかけて出かけたわけで…。




仕事がハードなのはわかっていたので
オフ二日は思いっきり楽しんでやろうとも
思っていました。




で、まず気合いをいれていたのが「牛タン」。
仙台は牛タンなくしては語れないということで、
出発前にはおいしい牛タン屋情報をたくさん
仕入れていきました。




牛タンを食べた回数は3回。
本当は目標7回だったんだけど
忙しかったり飲み会があったりで結局3回。
それでもやっぱり美味しかった…。











テールスープと麦とろごはんも最高!!
また食べたい・・・。







そして東北といえば電車に乗り降りするとき
ボタンを押して自分で開閉しなければいけないルール。
これ、20年前に初めてみたときは戸惑いました。
空港からのアクセス線にももちろんありましたよ。







train.jpg






そして週末は青森へ・・・






東北の地へ




宮城県なう、です。


なぜかというと仕事の研修。
約10日間、研修所の寮にてお勉強生活。
普段の仕事ではなく朝から夕方までほぼ
机に座って講義を聞くという生活。




でも、苦痛かと思いきやこれが新鮮が
案外楽しい。内容も濃い研修で毎日が
あっという間に過ぎていきます。




熊本がほぼ夏のような暑さだったので
薄手カーディガンあればいいかな、と思ったら
これがとんだ計算違いで、まぁ寒い。
初日寒くて寒くて服を買いに行きました。
もちろん夜の部屋はずっと暖房ONです。




研修の山場は本日金曜日で終わったので
週末はちょいと北上して青森県に上陸?します。
たぶん人生初の青森県。学生時代の友人に
いろいろと連れて行ってもらう予定です。





子供たちは平日は祖父母に、そして
土日は旦那にみてもらうというパターン。
口うるさい母親がいなくて楽しそうです。













山鹿灯篭2016





子供たちが夏休み満喫の間
私ももちろん満喫するわけで、
今年も元同期のお誘いいただき山鹿灯篭に挑戦。



しかも2016は流しと1000人灯篭の
二日間に挑戦するという無謀っぷり。
何が無謀って両日とも早番のあとなので
本当にくたくただったわけですよ。




仕事終わって、山鹿まで車ですっとばして
着付けしてくださるお宅まで行き、
今年もまた出陣前には豪華なお弁当までいただき・・・。



一日目の流しは初めてだったんだけど
団体別に通りに並び、花火終了とともに
踊りはじめるという流れ。沿道にはたくさんの
観光客やカメラマンがいてなかなかの緊張でした。



そして二日目は去年同様1000人踊り。
今年は天気も心配なく、ビニール袋かぶることなく
最初から最後まで踊れましたが、とにかく暑い!!!
倒れる踊り手さんもいましたよ。そりゃそうだ。



なにがダメって挨拶ですよ、挨拶。
こちとら暑くて倒れそうなのに、挨拶は
とっとと終わってくれって感じです。
観光客からの意見でもたくさんあったように
踊りが始まるまでの時間が長すぎる。
そのあたり改善していかないと踊り手さんも
次の年も!!とはならないかな。




山鹿市というところ、本当に魅力ある町なので
これからお祭りとともにどんどんその魅力を
発信していってほしいものです。



あの海老蔵さんお気に入りの八千代座は
ぜひ一度みていただきたい歴史的建造物です。






01a552400d701c10dfc802d6f6648e853e38adfd8a.jpg








013d86ea46da2208b7bf21423da462d91824df978c.jpg







Extra

プロフィール

リンリンRS

Author:リンリンRS
2008年6月に長男出産。
2010年12月に長女出産。
転勤族。現在熊本で育児奮闘中!

アクセス数

いくつになったの

いくつになったの

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ベビベビ点取り占い

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ